小さい椅子 / Studio Yutaka


もし子供椅子を作るのなら、初めから大人を意識して作りたい。


小さい椅子、エタルプ小さい椅子、ポテ丸小さい椅子、木口椅子小さい椅子、mei

小さい椅子

きっかけは幼稚園で使う椅子のデザインを引き受けたことです。先輩のお手伝いでしたが、色々と打ち合わせをして完成させました。出来上がった椅子に座ってみると何かとても懐かしい景色が見えました。目線が低くなったことや座ったときの姿勢もあるかもしれません。とても楽しい気分。それに、思いのほか良い座り心地だなと思いました。

いわゆる子供椅子という一時期しか使わない物をスタジオユタカとしては作る気はありませんでした。家具は長く使えるものですから数年だけ使う物を作るのには抵抗がありました。でも、幼稚園の椅子に座ったときに・・「そうか」と思いました。大人用に小さい椅子を作ればよかったんだと。

こどもたちは大きくなります。元気に成長してほしい。それはみんなの願いです。家具は長持ちします。ちゃんとした物は長く使ってほしい。これは作り手の願いです。もし子供椅子を作るのなら、初めから大人を意識して作る。大人になったときも使える椅子を作る。そうすればずっと使えるのですから、使う人、作る人の願いが両立できます。

小さい椅子は4人の作家がモノ作りをしています。それぞれに独立した工房を持ち活動していますが、小さい椅子は共同で展示会やサイトの運営をしています。小さい椅子には子供が使うことを強く意識したものと、むしろ大人用と言った方がいいものがあります。それぞれの作家が「小さい椅子」という考え方をそれぞれで解釈して作っていますので色々なバリエーションが生まれることになります。唯一制限があるとしたら大人も子供も座れる椅子ということでしょうか・・たまに誰も座れない椅子(観賞用)ができてしまいますがこれもまた小さい椅子の面白さだと思います。つまり、小さい椅子には機能する椅子とよりアートに近い椅子がありますが、一人の作家には両方の顔があるのでどちらの椅子も作って行くことが大事だと思っています。

小さいときから使い、大人になっても思い出と共にずっとそばに置いてもらえること。これが小さい椅子の願いです。

詳しくは小さい椅子のサイトをご覧ください。
http://chiisaiisu.com

小さい椅子、フクちゃん

小さい椅子、色漆