Work Around Table / スタンダードの家具

スタジオユタカ、Work Around Table、ちゃぶ台、TataMaru

友人の生活用品デザイナー・大治将典と一緒に家具を作り、提案するプロジェクトです。広島から出て来た彼と出会い、いつか仕事もしようと思っていましたが、やっと機が熟し、このテーブル中心プロジェクトを始めることができました。コラボレーションという言葉がありますが、そのようなものづくりをしています。テーブルのデザインも二人であれこれ考えて模型やモックアップを何度も作り直し、1年かけて仕上げました。

Work Around Tableは二人で考えていますから僕の持つ作家としての個性は薄まり、彼の考える優しさが加わり、よりフラットなものになっていると思います。それでも、質感と素材感を大切にし、作り方も工房スタイルそのものです。コツコツとひとつずつ作っています。

ダイニングテーブルのことをあらためて考え直し、僕たちが使っているテーブルの役割ってなんだろうと思いました。食事の道具というのが基本でも、家の中心にあって家族が集い、こどもたちはそこで画を描き、宿題をして、大人はくつろいだり、パソコンを開いたりする場所です。作業台として使う人もいますし、ダイニングテーブルを仕事机にする人もいます。そう思ったらもう少し機能するダイニングテーブルにしたいと思いました。結果、「棚付きのダイニングテーブル」が生まれました。単純ですが、ありそうでなかったダイニングテーブルです。ちょっとした工夫ですが、日本の住まい方には合ったテーブルではないでしょうか?

また、ちゃぶ台も作りました。これも今までにない構造を持っています。無垢材とステンレス、それぞれの良さを活かせたと思います。ダイニングテーブルで食事をすることが一般になりましたけど、ちゃぶ台があると和みますね。和室、洋室、あるいはピクニックで・・色々なところで活躍できるちゃぶ台ができました。

詳しくはWork Around Tableのサイトをご覧ください。
Work Around Table